HOME > Zentai Joshi > happy zentai style > happy zentai style 001

001 002 003 004 005 006 007 008 009 

Copyright 2013 nezumiko. All Rights Reserved.

ねずみこの『happy zentai style』

<001>

プロフィール
Author:鼠子
音楽と東京を謳歌するエスエマー。
ゼンタイ歴1年未満の超ド初心者です。1冊のマンガをきっかけでリアル・ゼンタイワールドへ。
過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。
ブログ http://happymoon.blog35.fc2.com/
ツイッター @nezuminoko

120715_005.jpg
きっかけは、小林じんこさんの描く青春マンガ「JUNKIN GAP CLASH」
この表紙のポーズがやってみたくなった。
官能的に描かれるゼンタイワールドを試してみたくなった。
同じ変態でも、SMとはちょっと距離のあるZENTAIの世界。

120715_006.jpg
それが知りたくて、ゼンタイのイベントをやってしまいました!
今思えば無謀というか怖いもの知らずというか・・
何にも知らないでよくもまあ、と反省している。

120715_009.jpg
本当に幸運だった。
何と、マニアな方々がツイッターを見かけて救いの手を差し伸べてくれたのだ。
かくして、「何も知らない無礼な主催者への授業形式」でイベントはスタート。
まずは正しい着用方法から。
特に顔は一度下方向に引っ張ってから鼻、目のラインを広げて馴染ませ るなど、
実践コースでありました。
生地によっても肌触りが全然違う。
ダンサー向けレオタード生地の全身タイツの着心地ときたら、もう、至福!でありました。
こんなのに惚れちゃって、もうどうしたものやら・・オーダーメイドするしかないかなあ。

120715_011.jpg
マニアの話は、本当に面白い。
きっかけから、興味の対象まで、同じゼンタイマニアでも方向性が全然違ったりする。
「好きについてのコダワリ」が細かくて、本当に楽しい。

IMGP2143.jpg
布と布。ひっかかりのない身体をさすり合う行為の甘美さ。
マンガに描かれた僅か2ページに、私は惹かれた。
そして、ファンタジーに思えたそのシーンは、驚くほどリアルだった。
本当に、描かれていたとおりだった。びっくりするくらいに。

IMGP2151.jpg
ゼンタイに関する資料や情報は驚くほど見当たらない。
SMも随分マイナーな、マニアックな性癖だろうと思っていたが、ゼンタイはその比ではない。
ゼンタイ初心者である今の自分にとっては、この作品が私にとってゼンタイの教科書であり、バイブルである。

IMGP2168.jpg
「ゼンタイ前」と「ゼンタイ後」で人生の色が変わっちゃったなあと思う。
(でも、正直に書くと、「全然変わんない。何が面白いの?」という人も現場に居たので、人類皆ゼンタイっていうわけにはいかないみたいだ。)

IMGP2169.jpg
ゼンタイは、見て楽しい。
でも、着るとその100倍楽しい。
今わかって いるのは、それだけだ。